スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェーの物価高に慄く

2月25日 晴れ

今週はスポーツロブという名の冬休みでした(1週間)。
チビっ子達にウィンタースポーツを楽しみなさいというお休みです。

で、その一週間に相方の出張が重なりました。行き先はノルウェー、トロンハイム。
こんな時期に北に行くのも・・と思いましたが、最近クスブッテいましたので、金魚の糞として同行してきました。

写真は幾つか素敵なのを撮ったつもりですが、なぜかメモリー内に存在せず・・いつの間にか消去していたのでしょうか・・残念。

12v9-2.jpg

結局、写真を取り直しに行ったのですが、天気が悪く、残念な結果に・・・
街は私の住んでいるところよりも大きくて、町並みもかわいらしく、いいところでした。次は夏に行きたいです。
Hunterの長靴で行ったのですが、大正解。ぬかるみと水溜りと氷が足しっぱなしになったかなりの悪路ばかりでした。
相方はHunterといえども長靴を街で履くことに違和感があるようで、いつも鼻で笑います。

それにしてもノルウェーって物価が高いですね。
スウェーデンも中々高い国ですけれど、その上を行きます。まずノルウェークローナがスウェーデンクローナの1.2倍(日本円で15円くらい)。
その上で、マックでハンバーガーとポテトのセットを頼んで100krくらい(1500円)。
カフェでサンドウィッチと紅茶で80kr(1200円くらいか?)。

追記: Current Cost of Living Indexというおもしろいリンクを発見。
ニューヨークでのリビングコストを100とした場合の都市同士の比較サイトです(英語)→リンクはコチラ
なんとノルウェーとスイスの都市部で上位を占めます。トロンハイムは2位!
ちなみに私達の住んでいる町は順位を下げて、指数は103でした。


このことについて相方の上司(というかノルウェーでの受け入れ先のボス)に聞いてみると、ノルウェー人はかなり稼いでいるので、それくらいの金額でも屁とも思わないと思う。とのこと。
旅行者には中々厳しい物価です。

12v9-3.jpg

あ、あとトロンハイムは鮭の養殖でも有名です。フィヨルドの入り江にある町です。
ですが新鮮なお魚・・・はあまり見かけませんでした。

日本人のシェフがいると言うすし屋を検索して、遠路歩いていったのに、その日はお休みだかで、アジアの何処かから来た人の寿司を食べることになり、すごく高くて、不味いという残念な結果に。(二人で620ノルウェークローナ。約9千円)
スウェーデンでもそれくらいしますが、不味いと損した気分になります。
寿司飯は不味いし大きすぎるし、ねたは水っぽい。
私達の住んでいる町のいつも行くすし屋のレベルの高さを再確認しました。(そこもベトナム人の経営するすし屋なのですが、おいしいのです)

Borta bra men hemma bäst.やっぱりおうちが一番です。
スポンサーサイト

西へ東へ2

8月8日 晴れ 秋のような涼しさ

先週末ストックホルムへ遊びにいきました。なんとこの日は「ゲイプライド」(ゲイのひとたちのパレード)と当たってしまいました。すごい人だかりで、道を横切って反対側へ行きたいのに行進に遮られ、中々渡れませんでした。ちょっと人が少ないところでゲイパレードに数メートル参加して(爆)反対側へ渡りました。

11v31-1.jpg
この人たちの団体、トラックにWelcome to GAY Heavenと書いてありました。

11v31-2.jpg
ストックホルムは相変わらず絵になる町でした。
何処でも絵葉書のような写真が撮れます。

いつもは日帰りで遊びに行くのですが、今回は結婚記念日ということで(と、いうより運転手がレストランで酒が飲めるという理由のほうが真っ当か?)一泊しました。完全におのぼりさんを決め込み遊び呆けました。

ご飯は最近お気に入りの新鮮なお魚が食べられるB.A.Rというレストラン。
11v31-4.jpg
お魚屋さんの陳列台みたいなところでお好きな魚をチョイス。
今回は運転手が飲めるので、アペリティフのシャンペンからデザートとグラッパまでガッツリ飲みこみました~って西海岸でもガッツリ飲んだんですけれどね・・

で、さらに仕上げに「ICE BAR」へ
11v31-3.jpg
氷が透明できれいでした~が・・・思いのほか部屋が狭くお客さんも多くて押せ押せでした。
まあ、話のタネに・・って感じですね。お客さんを連れて行くとかの目的がないと二度目はないな・・・

翌日は
11v31-5.jpg
国立美術館へ。来週末までちょっとスケベなエキシビジョンがあっていますよ~。

そのあと、相方の友人宅でランチ。結構優雅な生活をしていて、羨ましかったっス。
(アパートの目の前にボートが泊められるんですよ。相方~同じ大学で勉強していたのにこの差はナニ?あ。。私の稼ぎがないからか・・・と一人突っ込み)

そしてその後はブログでお友達になった「はねこ」さん→ブログはコチラ
のお宅へお邪魔してお茶。延々おしゃべりして、気がついたら夜八時。
(私信 はねこさんすみませんでした。晩御飯食べはぐったのではないでしょうか?)

帰りは西の空が私たちの結婚記念日を祝ってくれているような、ど派手な夕焼けでした。
11v31-6.jpg

楽しい週末でした。

西へ東へ1

8月3日 晴れ

この夏休み、日本から帰ってきてこちら、かなり内省的にすごしています。
だからといってこつこつ勉強でもすればよいのにそれはそれ。

さて、今週末に我が家は「結婚一周年大感謝祭」を迎えます。
一緒に暮らして3年ということで、あまり目新しいことはないし、お互いの性格上イベントごとに疎いのですが(かろうじてクリスマスと誕生日はフォローします)今回は思い出したので初めてですし、何かしようということでスウェーデンの国内の西海岸(ヨーテボリ~Varborg~Hamnstad)と東海岸(ストックホルム)を旅することになりました。

週の前半で西海岸へいき(これは天気予報を見ながら日程を組みました)、結婚記念日の週末はストックホルムに滞在の予定です。

とりあえず、西海岸の写真を幾つか
11v30-1.jpg
西海岸なので、日没の写真でも・・と思っていたのに、レストランのサービスが鈍くて手間取り、さらにお城の砦に上る道を間違え、カメラを構えたのは思いっきり沈んだ後。Varborgという町で。

11v30-2.jpg
こちらもおなじく。公衆浴場だそう。
コチラの海岸、ヌーディストビーチなどもありました。水着をもっていっていなかったので一瞬行こうか・・と思いましたが、海に入る場合やはり最低パンツ一枚でも身に着けておきたいタイプなので(←なんじゃそりゃ)、断念。

11v30-4.jpg

こういうところでキャンプをしながら海に漬かって日焼けしてすごすのがスウェーデン人の典型的な夏の過ごし方とのことです。今年は準備不足でしたが、来年は準備万端でかかっていこうと思います。


海に近いので二日間魚介類ばかりたべて、多分プリン体とかコレステロールが上がりっぱなし。
11v30-3.jpg
我が家は二人で半分ずつにして他の魚と一緒に食べて飽きないようにしましたが、スウェーデン人たちはこれだけを延々と食べていました。

バルーンの旅と台湾土産のおススメ

7月7日 晴れ

昨日、先日にキャンセルとなったバルーンの旅へ出かけてきました。
スウェーデンって自然が美しい国なのね~と改めて思いました(要するに田舎ってことですけれど)私のイメージとしては会社の人が全部お膳立てしてくれて、私たちは乗るだけ。と思っていましたが(値段も結構します)。
お客様が、なんと力仕事をして、準備したり後片付けしたり。。というセルフサービスなツアーでした。
スウェーデンらしい・・私ら含むお客さんたち、指示に従ってみんな働きました・・
最後にはとんだハプニングが・・

写真を幾つか

11v27-1.jpg
湖に反射する私たち・・

11v27-2.jpg
夜10時ごろの夕焼け。昨日は23時頃まで明るかったです。

11v27-3.jpg
田舎の一軒家。カメラの新機能、ミニチュアライズで撮りました。レゴか何かのおもちゃの家みたい。

11v27-4.jpg
相方の両親にカメラを託して撮ってもらいました。
なんとフォロワーの人たちはバルーンの通り道へ車で移動し、カメラで待ち構えるという・・見学者も忙しいたびでした。

11v27-5.jpg
最後の最後にアクシデントが!
なんと2回も着地予定地(ゴルフ場)の建物の屋根に突撃して不時着したのでした・・
みんな擦り傷だけで済んだので良かったのですが、結構怖かったです。
運が悪かったら電線に絡み付いていたかも・・これは危機一髪避けていましたが(笑い話で終わってよかった~)

その後みんなでおかたづけ・・蚊に食われまくって、かゆかった~
これが無ければかなりロマンティックな(と言っても総勢12人乗っていたので貸切では無かったです)旅でした。
おススメです(でも、私たちはもう乗らないと思う・・最後がオトロシかったので)




さて、台湾土産のおススメをリクエストされていたので公開。
お土産は一部ですが

11v27-6.jpg

左上から 歴史博物館のミュージアムショップより、手作りの刺繍エンブレム(ペンダントになります)コウモリの型で、縁起物らしい。冬にシンプルなニットとあわせようと思っています。(相方に「バットガールになるからね」と言うと苦い顔をしていました。受けはイマイチ)

その隣の青のサックは「客家花布」というプリントで、これは山盛り持ち帰ってきました。キッチュな花柄がツボデス。母はこれを見て、昔の布団の柄だ。と言い捨てました。でもかわいいんだもん。(自己満の世界)

蓮華二種類。はスープ用。なんとも呑みやすそうな形です。
その下はウーロン茶。台湾の高山茶、凍頂ウーロンは本当に美味しい。
その隣のギョーザのたれ。スーパーに売っていて、何処でも買えるものですが、美味しいです。おススメ。
パイナップルケーキ。これは頂き物ですが、美味しかったです。何処のを買おうか迷ったらココのをおススメします。
でその上に載っているのが中国柄の水筒。なんともいえない柄の具合が良かったので、結構高かったのですが、即買い。なんだか水がまろやかになるとか何とか・・そんな機能は信じませんが、保温して柄がかわいかったらいいのです。

あと、干し海老とか干し貝柱とか豆板醤とか中華系の料理に使う調味料をバカ買いして帰りました。
台湾レポートは後日!

旅終えて、期間限定 増量中(心の川柳)

7月6日 曇り 気温19度くらいで過ごしやすい

先日スウェーデンへ戻りました。
トシのせいか、時差ぼけが中々酷く昨日一日ゾンビのように過ごしました。

今回の旅はたったの3週間で、あまりゆっくりできませんでしたけれど(と、いうより性格的にゆっくりは出来ないのですが)楽しいたびでした。
おかげさまで、体重が増量中(相方も5キロくらい増えたと嘆いています)で、表題のような心の川柳が出来上がりました。
そして財布は空っぽ。
今日から締めてかかります。(財布の口も、体重も)

今回台北で相方がカメラを紛失したため、前半の写真がありません・・・カメラはいいけどメモリーだけでも返して欲しい・・って、タクシーに置き忘れた奴が悪いのですが・・ぶつぶつ・・

☆私信 とんさんへ、と言うことで、権八の写真、送れません・・・ごめんなさい。

旅行記は写真をボチボチ整理しつつ、またご報告します~

taiwan11-1.jpg

この写真は台湾の宜蘭県にある海辺のお寺の上からごんすい玉のようになっている極彩色の龍の写真。
絡まりあっていて何匹居るか数えられません。
Vad är klockan?
プロフィール

ぶく

Author:ぶく
2008年9月にスウェーデンへ引っ越しました。
新生活が始まるのを機にブログをはじめてみます。

最新記事
trip advisor
ヴェネチアの旅行情報
ヴェネチアの旅行情報
スウェーデンの天気
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっさいませ
visitors
free counters
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。