スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相方のボスの白パンレシピ

1月5日 曇り。気温5度くらい。

相変わらず、連日で零下になることなく秋のような気温。異常気象です。

さて、年末に相方のボス(男)よりいただいたパンのレシピのご紹介です。と、いうより自分への備忘録を兼ねています。

12v1-7.jpg

ハイジの白パンとでも名づけましょうか・・・
いつもご馳走になるときに食事のお供として出てくるパンなのですが、毎週土曜日に彼が一週間分の家族のパンを焼くそうです。(スウェーデンっぽいなあと思います。男性が積極的に台所に立つ)

フワフワでおいしいです。生ハムとチーズのサンドイッチにすると最高です。そして、保存は冷めたら一気に冷凍保存して、食べる前に室温で自然解凍してそのまま食べるそうです。

ではレシピ(30個分)
牛乳500ml
サラダ油100ml
タマゴ1個
生イースト50g(スウェーデンで売っている一般的な生イースト一個分)
小麦粉 10dl
Rågsikt(ライ麦粉40%小麦粉60%のブレンド粉)3dl
塩 小匙半分

1 牛乳、サラダ油を人肌に温めて卵を溶いて混ぜる
2 生イーストを崩して加え、1に混ぜる
3 2に塩、小麦粉、Rågsiktを加え、よーく捏ねる
  (キッチンエイドなどのコネ機を使うと良いでしょう。結構ねとねとの生地です)
4 1時間ほど発酵(室温などで変化しますので生地が二倍くらいになるまで)
5 生地が2倍くらいに膨らんだら、捏ね台に出して30等分して丸める
6 5を天板の上に並べて30分~一時間二次発酵する
7 200度にオーブンを予熱して8分半~9分焼く

結構焼きが浅くて白っぽいパンですが、それでOK
冷めたらビニール袋に入れて冷凍保存
食べる前に自然解凍してそのままどうぞ

焼きたては食べ過ぎ注意!
スポンサーサイト

史上最強のスウェーデン料理

3月9日 暖かくなりました(といっても氷点下を抜け出しただけ)中途半端に雪が解けてところどころツルッツル。大変危険です(ぬかるんでいるので転べばびしょびしょに濡れて大惨事)

いつもHalv åtta hos migというTV番組をスウェーデン語の勉強と、人のうちが覗けて、さらにスウェーデン人の料理の腕前が見られるので良く観ています。(7時半に我が家で夕食をたべましょうという趣旨で、知らない4人が持ち回りで招待し合ってご馳走しあい、お互いに点数をつける番組。)

時々オソロシイ料理を出したり、面白いです。
ここ1年くらいずっと見ていて、今日多分史上最強に強烈でびっくりするものがでました。
スウェーデン語しか話さないのであんまり分からないかもしれませんが、スウェーデン在住の方々に是非見ていただきたいです。



この女性80歳の割りに足腰も、頭もしっかりした印象ですが・・・お客さんのもてなしに
「バナナフィッシュ」(・・・むかしこんなタイトルの漫画がありましたね。あと最近なくなったJDサリンジャーの小説にありましたね)を作っています。
ちなみにビデオの10分55秒あたりから作り方が観られます。初め数分CMが入りますが・・・

作り方は
玉ねぎのみじん切りの上に白身の魚の切り身をのせ、マーガリン、バナナ、クレームフレッシュ(サワークリームのマイルドな奴)、マスタードなどを混ぜオーブンで焼きます・・・そして召し上がれ・・(おえっ)

想像するだにオソロシイ上に、お客さんに残っているからもっと喰えと勧めたりします。
私の中で史上最強のスウェーデン料理に認定です。

だれか作ったらどんなだったか教えてください。

冬眠前の熊の様に・・

9月21日 枯葉が散り始めました。空気がひんやりとしてなぜか物悲しくなります。

只今生理前と思われます。
悪魔のような食欲が・・・・昨日の夜、突然襲い掛かってきました。
こうなると暴走列車がとまりません。冬眠前の熊の様に食べてしまい、さらに凶暴化の恐れが(ウソです)・・・その様な食欲で思いのまま食べてしまうと後で大変なことになります。(只今増量中!なので)

で、ふと、この前クラスメートのマレーシア人の女の子が休み時間に分けてくれたクッキーを思い出し、私のノンストップ食欲に対抗するため、作ってみました。
マイルドな甘さとシナモンの香りがおいしさを誘います。

nikkis.jpg

このクッキー、バターも砂糖も入っていません。バナナをマッシュして甘みを出しています。
あとチョコレートチップも入っていますけど・・
もしかしたらドライレーズンとか入れるヘルシーオプションがあるかもしれません。(次回実験予定)

オーツが主な材料なので2~3個食べるとおなかの中で膨らんで満腹感が得られます。
小麦粉も卵も使用していないのでアレルギーの人たちのおやつにもなるかも。。。

PMSの私の脳をだますのに最適。と只今自画自賛中。
元ネタはアメリカのウェブサイトからです。他にも色々レシピが載っています。
興味がある方はこちらから→101cookbooks

今日の夕食1

1月23日 曇り今日も寒い

今日の夕食はTartifletteにしました。コレはスイスのときの友人から教わったもので、フランス・サボア地方の家庭料理です。
寒い日にはぴったり。相方はグラタン皿の端っこを擦り取りながら完食・・・というくらい大好物。
大体食べ方で彼の好き嫌いが良く分かるが、コレは3本の指に入るくらい好きな様子。
いつもご飯を作ると、褒めて「ブタもおだてりゃ木に登る」状態ですが、今日は大絶賛だったのでレシピの出所を皆さんにお知らせしようかと・・・

と、いうことで伝言レシピその2
リファレンスはMidonaiseさんです。
dengon1.jpg

チーズはサボア地方のルブロションという特別なチーズですが、町のチーズ専門店で買えます!コレを見つけたときのうれしさって無かったよ・・・この町で生きて行けると思えました。(←大げさ)

是非さぶい冬の夜にお試しアレ
ワインが進む進む・・・

いとしのベト麺 ブン・ティット・ヌォン 

10月19日 リンショピン

アメリカ留学遊学時代、本当においしいものを食い放題していました(でもやせていた)。
中華といえば香港で食べたときと同じクオリティの飲茶が食べられましたし、メキシカン、タイetc・・・も同じく。その中で一番のお気に入りはベトナム料理やさんのブン・ティット・ヌォン。
日本で探しましたが、なかなか無く、モチロンスイスでも無理でした。
鉄板スウェーデンでも無理でしょう・・・あきらめかけたある日。暇にかまけて人のブログを読んでいたとき、このベト麺(ベトナムのヌードルの略)が目の前に!!!

早速作ってみましたとさ。リファレンスはこの方Chiblitsさん
どうもありがとうございます!!!相方と金曜日に山盛り食べましたとさ。
大変おいしゅうございました。これからの定番メニューになりそうです。

vetmen1.jpg

今回の失敗。野菜嫌いの相方にたっぷりレタスを食べさせようと、下に敷いたこと。
上から肉とエビをどんどん食って、レタスが残ってしまいました。次回はレタスが上、肉が下、もしくは全部混ぜて食卓に出そうと思います。
Vad är klockan?
プロフィール

ぶく

Author:ぶく
2008年9月にスウェーデンへ引っ越しました。
新生活が始まるのを機にブログをはじめてみます。

最新記事
trip advisor
ヴェネチアの旅行情報
ヴェネチアの旅行情報
スウェーデンの天気
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっさいませ
visitors
free counters
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。