スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムチ

11月18日 リンショピン

先日キムチの作り方を聞かれたので、自分の覚書も含め載せてみようかと・・・
かなり変形の作り方なので本場の方にしかられるかも・・・

材料は
白菜 1株(約1kg)

・ごはん 一握り
・玉ねぎ 小1個
・梨(もしくは林檎) 小1個
・生姜 1片
・ニンニク 4片
・ナンプラー おおよそ50cc
・アンチョピ 4枚
長ネギ 1本
にんじん 1本
韓国唐辛子(無いときは普通の乾燥唐辛子をフードプロセッサーで細かく砕く)
kimuchi2.jpg
今回のナンプラーは高校時代からの友人の差し入れ。

作り方
1 約500mlの塩水を作る。濃度はこれ以上解けきれないまで。(飽和濃度って言うんだったかね)
kimuchi1.jpg
これに適当な大きさに切った白菜を大きな容器に広げ、塩水をまぶすようにからめる。
4~5層くらいに分けて塩水をまく
そのままふたをして半日置く
☆実は以前は4分の1に切った白菜の一枚一枚に塩をして一晩、水で洗って水切り半日という面倒な手順を踏んでいましたが、コレをすることにより省略できることを発見。

2 半日置いた白菜を自然に水切りする(絞らなくて良し)

3 漬け汁(?)を用意する ・マークの材料(梨は半分)すべてミキサーにいれ攪拌する
  最後に韓国唐辛子を大匙5杯ほど入れて軽く攪拌する
kimuchi4.jpg

4 梨の残り半分を一口大に切る。にんじんは千切り、長ネギ(今回はリークです)は1cmくらいの長さに切る。

5 コレを大きな容器に入れ
1)塩漬け白菜
2)梨、長ネギ、にんじん
3)漬け汁
を5分の1くらいの量を少しずつ混ぜながら重ねていく。
kimuchi5.jpg

6)全部混ぜたらふたをして半日涼しい室内に置き、その後は冷蔵庫もしくはベランダで保存。
  大体3日目くらいから食べられる。(私は1週間くらいおいたのが好き)
kimuchi6.jpg

☆tips
唐辛子は色素沈着するのでプラスチックのタッパーなどを利用するときは、今後もキムチ専用にする覚悟が必要です。私は今のところ覚悟が無いので清潔な(新品ってことね)ビニール袋でタッパーをカバーして作っています。

本当はあみの塩辛とかいかの塩辛とかの(ここでは)超高級品を入れるべきでしょうが、そんなものはありませんのでアンチョビとナンプラーで代用。それなりのお味になります。

韓国唐辛子が無い場合は乾燥唐辛子を細かく砕いて代用可。(少し辛くなるかも知れないので量を調節すること)

案外適当に作ってもそれなりの味になるので、色々試してみてください。
Vad är klockan?
プロフィール

ぶく

Author:ぶく
2008年9月にスウェーデンへ引っ越しました。
新生活が始まるのを機にブログをはじめてみます。

最新記事
trip advisor
ヴェネチアの旅行情報
ヴェネチアの旅行情報
スウェーデンの天気
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっさいませ
visitors
free counters
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。