スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス恒例・家族対抗大食い選手権

12月26日 あまり気温が下がらず、湿った雪が降っています。(氷点下ですが)

スウェーデンではクリスマスはイブ(julaftonといいます)が本番。
家族が集まり、日本のお正月のような雰囲気でごはんを食べます。子供達はお年玉のかわりにクリスマスプレゼントをたんまりもらいます。

おせち料理のように、各家庭で決まった品が幾つかあり、それを数日かけて食べ続けます。
それがこちら

julmat1.jpg

メニューは、クリスマスハム、ミートボール、なんだか分からないのですが幾つかのサラミやソーセージ、ポテトグラタン、クリスマスハムを作るときに出来る出汁のスープ(パンを浸して食べます)、チーズ、ザリガニのクリーム仕立て、ゆで卵と小エビ、とココに写っていないけれどサラダ数種類。。。主に肉です。全体的に茶色いです(でも醤油味ではありません)。(1時半くらいから開始)
この後FIKAへ出かけるというのに、相方のお母さんは何かデザートを食べよう・・などと言い出し、皆から反対されていました。

コレを食べた後、FIKA(茶菓子を食べる)をしに実家の裏に住んでいる相方の妹の家に移動。
徒歩5分くらいなのですが、大雪が降っているのと、クリスマスプレゼントが大人4人でも持ちきれないほどあるため、車で移動。
julkrapp1.jpg

スウェーデンの子供達は世界で一番おもちゃを持っているそう・・・うなずけます。
(親は整理するのが大変だろうな・・と思います)

FIKAを一通りして(4時くらい)、ダラダラしているところでサンタさんが登場。
tomte1.jpg
子供達はプレゼントをもらいすぎ、後半プレゼントの包みを開けるのに飽いていました。(いくつか忘れられたかわいそうな包みが・・・)

その後、クリスマス恒例のミルク粥(私は拒否・・・)とオープンサンドウィッチを食べ、クリスマス最大のイベントは終了。(この時点で9時くらい)

で、ウチへ帰り、ウィスキーとコーヒー、そのあとグリョッグ(ホットワイン)とジンジャークッキーを食べ(10時くらい?)、大食い選手権のイベントが終了しました。

どちらかと言うと、マラソンのように長距離を走りぬく感じです。まだ、胃の中に食べ物があるのに、次を食べる。まだつっかえているのに時間が来て何か食べる。ついでだから何か食べる(お酒だから飲む)。みたいな感じです。
日本のお正月みたいですね。
肉と油と砂糖の消費量は半端じゃあありませんが・・・(昔からの知恵で、寒い冬を乗り越えるためのエネルギーなのでしょうが・・今の時代にはあっていません)

スウェーデン(相方の実家)のクリスマスはこんな感じです。トラディショナルなスウェーデン料理のクリスマスだと思います。でも、段々国際結婚とかで民族が入り混じって、次の世代のクリスマスミールはきっと色々な形になるんでしょうね。

なんとなく参加をしています。
お帰りの前に「ぽちっとな」よろしく。




Vad är klockan?
プロフィール

ぶく

Author:ぶく
2008年9月にスウェーデンへ引っ越しました。
新生活が始まるのを機にブログをはじめてみます。

最新記事
trip advisor
ヴェネチアの旅行情報
ヴェネチアの旅行情報
スウェーデンの天気
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっさいませ
visitors
free counters
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。