スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の朝食1

12月12日 今週末から寒くなり、雪も降り出すだろうと、天気予報は言っていた。。。相方、喜ぶ。。。

明日はルシアの日です。詳しくはココ→聖ルチア祭・ウィキペディア

この日にルシアの猫という名前のついたサフランパンを食べるのが伝統だそうです。
で、朝から張り切って焼いてみました。

lucia3.jpg

ちょっと早めに起きて、一次発酵を待つ間二度寝・・・寝とぼけすぎて、ちょっと発酵が行き過ぎた感もありますが、きちんと膨らんでくれて、焼くとかなり肥満猫になってしまいました。砂糖が40gも入っているからかしら。

この朝のゴソゴソとした行動に相方は全く気づかず寝とぼけていましたので、寝起きの口に「サンタールシーア~」などと歌いながら焼きたてパンをねじ込んでみました。(特に年寄りなどには大変危険ですので、良い子は真似しないように)
相方は大変喜んでおりました。

サフランパンを食べると体が温まるのでしょうか、今背中がぽかぽかと暖かいです。

なんとなく参加をしています。
お帰りの前に「ぽちっとな」よろしく。



コメントの投稿

非公開コメント

チェコにはないみたい

アメリカのキリスト教色って独特ですが、チェコもキリスト教色強し。でも、信仰って言うより伝統って感じなんですよね。アドベントもありますよ~。
パン作りって癒しの効果があると思う(成功したら)。料理もそうだそうです。作業中は思考のパターンが最適化されるらしいですよ。
そんなわけで私もまたパン作り復活。おりしも昨日は同じ黄色の人参パンを焼きました。
スウェーデンにはクリスマスパンあるのでしょうか?チェコにはありますよ。今レシピを取得中。

アリスさんへ

クリスマスパン・・・は特に無いようです。
このルッセカットというパンをクリスマス気分が盛り上がっているときに食べるのが伝統なようです。

スウェーデンはあまりキリスト教の熱心な信者は見かけません。ほとんど日本のようです。(葬式と、結婚式くらいかしら)逆にアメリカのほうが熱心な人が多くてびっくりしました。
スウェーデンではクリスマスも、なんだか日本のお正月感覚で、家族団らんの日になっています。


Vad är klockan?
プロフィール

ぶく

Author:ぶく
2008年9月にスウェーデンへ引っ越しました。
新生活が始まるのを機にブログをはじめてみます。

最新記事
trip advisor
ヴェネチアの旅行情報
ヴェネチアの旅行情報
スウェーデンの天気
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっさいませ
visitors
free counters
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。