スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の縄張り1

2月15日 晴れ。でもマイナス10度くらい。

スイスとの温度差が20度くらい。いきなりスウェーデンの現実へ・・・

さて、先週末、またしても鉄砲玉のようにスイスへ遊びに行きました。(いや、たった週末で帰ってきたのでブーメランの旅ともいえます)
相方が出張で2週間ほど行っていたので、後半の週末だけ遊ぼう、と思い立ち(というか、虎視眈々と機会をねらい)計画を立てました。

あいにくバーゲン時期を逃してしまい、お買い得なものはあまりありませんでしたが、荷物の重量ギリギリまで色々と買いまくって大散財。本当はもっと散財したかったのですが、相方という名ストッパーと行くと買い物する気力がそがれます。次回行くときは別行動しようと思います。



今回相方とEPFL(ローザンヌ工科大学)そばにあるホテル(というか大学のビジター用ドミトリー)に泊まったのですが、そのお隣にロレックスセンターという建物が建っていました。(これもビジター用の建物とほぼ同時に去年出来たみたいです)面白い建物だったのでご報告。

feb suiss1


feb suiss2

feb suiss3

大学の図書館や研修センターを主な使用目的とした建物です。お名前の通りスポンサーはロレックスを筆頭とした大企業。一般にも公開されています。

建物全体のデザインの基本コンセプトはチーズ。スイスらしいです。

feb suiss4

見えますか?所々穴が開いているのが・・・どうやらエメンタールチーズのようです。
この建物、格好は良いのですが、グネグネと建物に起伏があって、平面が余りありません。使い勝手のほうは・・いかがなものなのでしょうか・・・

feb suiss5


コメントの投稿

非公開コメント

ぶくさん、こんにちは!
は~スイスともそんなに気温が違うんですね。ネブラスカも急に暖かくなって、すごいUP&ダウンです。
質問なのですが、当初私はぶくさんはすでに結婚しておられると思っていたのだけれど、そう言えば、スイスにおられたときなど、どういうビザで滞在しておられたのですか?ビザ問題に頭を悩ましておりますので。もし差し支えなかったら教えてください。

アリスさんへ

ビザ関連は多分参考にならないと思いますが…
スイスでは働いていたので、雇用主が一切合財手配してくれて、ただ必要な書類を用意して、出来た書類にサインしただけなんです。

スイスのビザ関連はとても厳しく、婚約ビザも出ないとか(これは噂でしか聞いていないので真相は不明)スイスに滞在中の国際恋愛カップルはシェンゲン協定の国を出たり入ったりしてしのいでいるようです。
ビザが面倒なので、皆さん結婚しているようです。

スウェーデンは超簡単で、同居(カップルだから同棲)ビザというものがでます。
結婚しなくても同棲(サンボといいます)でも結婚と同じポジションとして認められています。スウェーデンでお試し同棲が出来たから、スウェーデンへ気軽に引っ越したともいえます。

無事について良かった良かった。来てくれてありがとう!!

このローリングセンターは、日本人が設計したんよね。
何人もの日本人がコの近くの食堂でご飯食べてる所を何回も見たよ。

この作り、我が息子は喜んで歩き回ってましたが。。。

ぶくさん、ありがとうございました。
チェコも婚約者ビザのようなものは存在しないようです。ネブラスカでは労働ビザは難しそうです。聞いたことがありません。調べてみますけど。。。

i-260ずーこさんへ

SANAAっていう日本人の建築家が設計したみたいですね。
初めて見たとき、なんだか日本人が設計していそうと思ってググッてみたらその通りでした。

車椅子の人なんか傾斜で滑って大変だろうなあと、思います。
また遊びに行きます。次回は是非息子さんを見せてくださいね~

i-260アリスさんへ
お役に立てませんで。。。興味があってちょっとチェコのビザ習得について大使館のHP覗いたのですが、複雑で面倒そうですね…
これにめげず、是非ヨーロッパ入りを!お待ちしております。
Vad är klockan?
プロフィール

ぶく

Author:ぶく
2008年9月にスウェーデンへ引っ越しました。
新生活が始まるのを機にブログをはじめてみます。

最新記事
trip advisor
ヴェネチアの旅行情報
ヴェネチアの旅行情報
スウェーデンの天気
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっさいませ
visitors
free counters
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。